handcuffs on the laptop cyber crime concept

ココナラのルールが改訂されて、さまざまなサービスの出品が禁止になりました。

 今後は出品・購入いただけないサービス

 (1) 「霊視能力を授けます」など、霊力・霊視能力などの伝授を目的としたサービス (2) 第三者に呪いをかけることを目的としたサービス (3) 不倫の成就、縁切りを目的とした施術、もしくはカウンセリングを行うサービス (4) 病気、体の不調、妊娠など、体に変化を発生させることを明言、もしくは変化が起こることを購入者に期待させる可能性のあるサービス (5) 仮想通貨・ICOに関するサービス (6) サービスタイトル、内容に提供内容を具体的に記載していないサービス (7) マルチ・ねずみ講・MLMなどへの勧誘が疑われるサービス

 

また、制限が入る内容として、以下がNGになっています。

・購入者に「優良誤認」を及ぼす恐れがあるサービス ー「必ず儲かる」「勝率、利率〇〇%」などの断定的な表現 ー「◯◯万円儲かった」など投資成果について具体的な金額を記載した表現 ー「実績No.1」「信頼度No.1」など裏付けのない順位を用いた表現 ・ 購入者に「有利誤認」を及ぼす恐れがあるサービス ー「期間限定」や「人数限定」を記載しているが、実際には限定されていない表現 ー 値下げ中である旨を記載しているが、実際には値下げを行っていない表現

今までビジネス系のサービスで書かれていたよく内容ですね。

 

更に、ココナラ外でのやりとりの誘導もNGだと正確に明言されました。

外部での直接取引をもちかけている、もしくは外部での直接取引に応じているサービス。 ココナラでは、プロフィールやDM・トークルーム・納品物のPDF内等で、外部での直接取引をもちかける、もしくはそれに応じる行為を禁止しております。(メール・電話・LINE・Skype・チャットワークなど) ▼ 例えば、以下のようなケースが該当します ー ココナラを介さずに外部で取引を行うように持ちかける行為 ー ココナラに出品していないサービスの提供のために外部に誘導する行為 ー 次回以降の取引を外部で行うように持ちかける行為 ー 決済が可能なサイトを記載し、そちらへ誘導する行為

これまで、占い関係では呪いをかけたり誰かを不幸にするようなサービスが出品されていて、あまり見ていて気持ちの良いものではありませんでした。

また、マルチ商法への誘導や仮想通貨関係も最近目立って来ていました。

ココナラでは個人と個人がやりとりするというのがメインですので、なかなか管理しきれなかった部分を明言して完全にNGにした形ですね。

これでココナラのサービスが向上し、より良い環境になると嬉しいですね。

ココナラではルールが絶対です。
ルールを守って一歩一歩まじめに進める人が成功します。

このルール改訂はむしろ良い流れですので、このチャンスに自分のサービスをアピールしていきましょう!

おすすめの記事